セミナー・イベント情報
国際コミュニケーションマネジメント・プロフェッショナル(ICMP)とは?
GHIA公式 facebook

お知らせ

English Rakugo & Workshop(立川志の春・英語落語講演会 & 大島希巳江・ワークショップ)

更新日:2015年11月24日

「グローバル」への扉:海外で活躍する人々シリーズ第3回 立川志の春・英語落語公演会&大島希巳江・ワークショップ

英語落語の実演と、立川志の春さんご自身の異文化体験をお話いただきます。アメリカの小学校、日本の中学高校、アメリカの大学、そして日本企業から落語界へ。さまざまな異文化環境に身を置いてきたことで、多くの困難を乗り越えてきた経験がいまの落語そして英語落語に活かされているとのことです。

後半のワークショップでは、本NPO理事の大島希巳江も加わり、実際に座布団に座っていただき扇子と手ぬぐいで英語の小噺を演じていただきます。落語のしぐさや上下(かみしも)の振り方、空間の使い方などについて指導いたします。

日時:2016年2月20日(土)午後2時~4時 (開場 午後1時半)

①講演&公演会   ②英語落語ワークショップ
場所:青山学院ヒューマン•イノベーション•コンサルティング株式会社会議室

チケット:一般2,500円 学生500円 本NPO会員無料 (要申込・全席自由・定員45名)

チケットの購入はこちら⇒ http://peatix.com/event/130076?utm_campaign=follow-organizer&utm_medium=email&utm_source=event%3A130076&kme=reco-clk&km_reco-str=PodMember

立川志の春(落語家)

1976年大阪生まれ。小学生時代をアメリカで過ごし、中学高校時代を千葉県で過ごし、その後イエール大学に進学。卒業後、三井物産に勤めるも落語の魅力に取りつかれ、5年後に退職する。立川志の輔に入門し、8年間の前座修行を経て現在二つ目。古典、新作に加えて得意の英語を活かした英語落語も演じる。

大島希巳江(神奈川大学外国語学部教授)

東京生まれ。専門分野は異文化間コミュニケーション・社会言 語学・ユーモア学。コミュニケーション全般、および英語教育における”笑いとユーモアの効果”を専門研究としている。1997年から英語落語の海外公演をプロデュースし、自身も古典・新作落語を演じ、自ら司会を務めるなど意欲的に活動中。また、企業の営業成績とユーモアとの関連性、英語習得に効果のあるユーモアやジョークについてなど、幅広い講演活動を行っている。