国際コミュニケーションマネジメント・プロフェッショナルとは?

世界のグローバル化のなかで、効果的な国際コミュニケーション戦略の策定が求められる日本 企業は、国際言語環境を適切に認識し、どう対応するかを考えなければなりません。 そのような戦略的活動を「国際コミュニケーションマネジメント(ICM)」と定義し、その任務を つかさどる人材を「ICMプロフェッショナル(ICMP)」と呼びます。企業の危機管理から機会創 出にまでかかわる、グローバル化時代に必須の重要な専門職です。

つまり、企業にとって、国際コミュニケーション管理能力は企業のグローバル展開の基礎になる キーコンピテンスなので、国際展開を図る以前に備えておくべき能力なのです。また、国際展開 を始めていることころでは、常にその能力について点検が必要です。 もし、その能力が企業の 国際活動にとって不十分であるとすれば、それを改善する方法を考えなければなりません。 これらの仕事は「ICMプロフェッショナル」にゆだねられます。

「ICMプロフェッショナル」の考え方は、これから社会に出る短大生、大学生、大学院生はもちろん、 企業においては新入社員から経営者まで、それぞれの立場において必ず役立ちます。 そして、「ICMプロフェッショナル」は今まさに、どのグローバル企業も必要としている人材なの です。